冬のスポーツで着たいウェア紹介

冬のスポーツで着たいウェア紹介

冬にスポーツをするときに着るウェア

夏は自然に体が外に出て行きますが、冬は逆に室内にこもりがちです。

なんといっても、冬は寒いです。

ですから、体が縮こまってしまいます。
それよりも室内にいたほうが体が動かせることもあります。
以前であれば、家の中で暖房をどんどん利用して、家の中では夏のような格好で過ごすこともありました。
最近は節電の風潮があります。
あまり電気を使うのはよくありません。冬の室内において、かなり着込んで生活することがあります。
外にいる時と同様に縮こまっている状態です。

体にとってはあまり良くない状態ですが、無理はしないほうが良いのです。

少し気合が入る用になったら、外に出て体を動かすことを考えます。
その時には、防寒対策はきちんと行います。

冬にスポーツをする時、まずはどのようなものがあるかです。

手軽にできるものとしては、ジョギングやウォーキングがあります。
また、チームがあるなら、サッカーをすることもあります。
大事なこととしては、体温の低下を防ぐウェアを持っておくことです。

運動をしているときは、発熱します。
ですから汗ばむこともあります。
問題はその後です。

汗をかいたままだと、体が冷えてしまうのです。

ジャケット等のウォーマーなどを持っておきます。
ジョギングなどをするときは、折りたたむことができるウィンドブレーカー等があると良いです。

ウォーミングアップやクーリングダウンのときに着用して、実際に走るときにはウェストポーチなどに入れておけば邪魔なりません。

部分的に温めることができるものも重宝します。
ファッションとしてマフラーがありますが、体を動かすときは邪魔です。

そこで、筒状になっているネックウォーマーを着用します。
プロ野球選手もオープン戦などで着用しています。
足首からふくらはぎを温めることができるのが、レッグウォーマーになります。
血行を良くしてくれるタイプもあります。
うでが寒いときにつけると良いのが、アームウォーマーです。

半袖などと組み合わせることがあります。

関連サイト